忍者ブログ

ネット上の風評被害対策

≪ネット上の風評被害対策・誹謗中傷対策に特化≫解決実績多数 インターネットの普及とともに、深刻化するネット上での誹謗中傷・風評被害の対策を行っております。 法人・個人を問わず、無料相談を実施しております。 ネガティブワード削除(サジェストや虫眼鏡)・悪評サイト、スレッド削除・逆SEOなどあなたにあった的確な対策が可能です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハロワ通い男 前職は質問サイトの自作自演と2ch書き込み|ネット上の風評被害対策ならアミューズエージェンシー

 安倍首相がアベノミクスを掲げて経済再生を唱えても、現状では街のハローワークに連日多くの人が詰めかけている。そうした場所に通う彼らはいかなる人生を歩んできたのか?

 * * *
 池袋サンシャイン庁舎3階のハローワークに足を伸ばしてみた。20代後半のヒゲを生やした男に声をかけた。ヒゲは飲食チェーンで店長だったと明かしてから、言い継いだ。「吊るしたロープのこの手を放したら、一気に陥落する気分の毎日ですよ」

 壁、ドア、いたるところに紙が貼ってある。「あとをつけて執拗に勧誘する人がいるので注意してください」ヒゲが低声で教えてくれた。

「歩合制の保険の販売員の人さらいに、生命保険が来てんですよ。不安定な労使関係だからハローワークに登録できない。出口で待ち構えてるんです」

 ヒゲが携帯をつないでくれて、翌日、剥げた革ジャンに会った。60人規模の新宿のIT企業の〈野良電波〉社員だった。

 ネットには、Q&Aのサイトがある。『ヤフー知恵袋』がその代表。このQに「最近オススメの美容整形外科はどこでしょう」と書き込む。そして自分で答える。

「○○美容クリニックがオススメですよ。安いし、腕もバツグン、私は二重顎を矯正しました」

 だが複数回、送信すると、アドレスが特定される。そこで〈野良電波〉を渡り歩く。革ジャンのエリアは中央線。朝9時、立川から会社に「現着しました」とメールを送る。そこからノートパソコンを手に電波をさがして歩く。LANのアンテナマークが反応すると、Q&Aの偽装メールを打ち込む。1日、これを30~40箇所でやる。冬は日暮れが早い。

「田舎道で突っ立ってぱちぱちやってると、本当に気分が落ち込んでいくんです。でもやらないと帰れない。必死でした」

〈野良〉だけではない。〈埋め〉もやっていた。

「A美容整形クリニックの手術で顔面神経痛になった」と2ちゃんねるにスレッドが載る。 スレッドは書き込みが1000件になると、過去ログ倉庫に移され読めなくなる。それをめざして、Aクリニックが隠したい情報を「腹減った」「いい天気だ」など無意味な書き込みで埋めていく。

 革ジャンのIT企業での仕事とはそういうものだった。手取り20万円。1日、歩きっぱなしで帰宅すると報告書づくり。しかも違法スレスレの業務である。部署の名は〈風評被害対策室〉。
(Yahooニュースより引用)


不正書き込みなどを行っている会社は最近増えておりますが、ほめられたものではございませんね。



ネット上の風評被害対策・ネガティブワード対策ならアミューズエージェンシー

風評被害対策
WEBコンサルティング


ネット上の風評被害対策 ブロガー
ネット上の風評被害対策 アメーバ
ネット上の風評被害対策 CROOZ
ネット上の風評被害対策 Livedoor
ネット上の風評被害対策 FC2
ネット上の風評被害対策 フルーツブログ
ネット上の風評被害対策 MARUTA
ネット上の風評被害対策 CSCブログ
ネット上の風評被害対策 エムブロ
ネット上の風評被害対策 ファンブログ
ネット上の風評被害対策 WOX
ネット上の風評被害対策 QLOOK
ネット上の風評被害対策 269g
ネット上の風評被害対策 NCSOFT
ネット上の風評被害対策 seesaa
ネット上の風評被害対策 Yahoo
ネット上の風評被害対策 DTI
ネット上の風評被害対策 忍者
ネット上の風評被害対策 はてな


[PR]
浮気調査
浮気調査 東京
PR

ネット炎上|ネットの風評被害対策のアミューズエージェンシー

~2012年、最も印象に残ったネット炎上ニュースは 「大津市いじめ」~

2012年に起こった主なネット炎上、ならびに自社のWebリスク対応策などについて調査を実施。調査期間は2012年12月19日~20日。全国20歳以上の男女にWebアンケート方式により調査を行い、500人から有効回答数を得ました。

2012年に起こったネット炎上で印象に残った炎上について

知っている炎上の1位は「お笑いタレント“K”の母親生活保護受給」(59.0%)、2位は「大津市いじめ」(53.4%)。一方、印象に残った炎上の1位は「大津市いじめ」(31.2%)、2位は「お笑いタレント“K”の母親生活保護受給」(24.0%)と、順位が逆転。


利用している(投稿や閲覧などを行っている)ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)

1位:facebook(18.6%)、2位:twitter(11.8%)、3位:mixi(7.4%)、4位:2ちゃんねる(6.4%)。など

SNSを利用していないと答えた人も44.4%いた。


自社のネット炎上対策について

ネット炎上など、自社のリスク対応について「大変満足している」「満足している」と答えた人は全体の25.6%で、残り74.4%は「不安である・大変不安である」と回答。
具体的な取り組みについては「社内向けガイドライン作成」(6.2%)「研修実施」(6.6%)など、いずれも10%未満で、82.8%が「何も取り組みは行っていない」と回答。


今年のネット炎上への印象について

最も多いのは「大津市いじめ」や「生活保護」など、テレビ・新聞などの既存メディアが大きく取り上げた話題から炎上を起こすケース。次いで多いのは役員や従業員によるSNSへの不適切な発言や言動で炎上になるケースが続いた。

年代別でみると、若い世代は企業が起こした炎上への関心が高く、年齢が上がるに連れ、社会的背景に関する炎上に関心が高くなる傾向となった。


2012年を振り返り/もはや“匿名”など存在しない時代へ

2012年は社会的背景を発端とする炎上や従業員の不用意な発言による炎上、また学生による炎上も多かったが、最も印象に残っているのは“テレビ・新聞を発端”とする「大津市いじめ」であった。「大津市いじめ」は炎上時に加害者の情報も特定され、加害者の反省の色がないことで更に炎上を加速させた。学校や市も事実をもみ消そうとしているとして、大津市の教育長が襲われる事態にまで発展した。


テレビや新聞等、既存メディアが匿名報道しても、インターネット時代においては
SNSなどを通じて加害者・被害者名などが(容易に)特定されてしまう時代に。
(朝日新聞より引用)


facebook、twitter、mix、2ちゃんねるなどのSNSによる風評被害対策・誹謗中傷対策・ネガティブワード削除対応も行っております。
インターネットの風評被害対策のプロ|アミューズエージェンシー
風評被害対策
WEBコンサルティング



<コメント>
インターネット上の中傷や炎上は、時にあなたの生活に大きな影響を与えます。
お早目の対策が効果的です。

ネット上の風評被害対策 ブロガー
ネット上の風評被害対策 アメーバ
ネット上の風評被害対策 CROOZ
ネット上の風評被害対策 Livedoor
ネット上の風評被害対策 FC2
ネット上の風評被害対策 フルーツブログ
ネット上の風評被害対策 MARUTA
ネット上の風評被害対策 CSCブログ
ネット上の風評被害対策 エムブロ
ネット上の風評被害対策 ファンブログ
ネット上の風評被害対策 WOX
ネット上の風評被害対策 QLOOK
ネット上の風評被害対策 269g
ネット上の風評被害対策 NCSOFT
ネット上の風評被害対策 seesaa
ネット上の風評被害対策 Yahoo
ネット上の風評被害対策 DTI
ネット上の風評被害対策 忍者



[PR]
浮気調査
浮気調査 東京

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索